ホーム > 施術の流れ

施術の流れ

STEP 1 利用者様の日常生活動作を評価

・寝返り ・起き上がり  ・立ち上がり  ・立位保持  ・歩行

これらの日常生活動作を1人できるか?
見守りが必要か?
介助が必要か?
どの程度の介助が必要か(自立できているか)?
などといった視点で評価していきます。

STEP 2 見守りや介助が必要な場合、 その原因を探る

STEP 2 見守りや介助が必要な場合、 その原因を探る

・筋力不足が原因なのか?
・どこの筋力が低下しているのか?
・関節拘縮や麻痺、痛みなどの症状が原因なのか?
・動作の仕方が適切かどうか?
・意欲の低下によるものなのか?

などといった原因を探ります。

STEP 3 原因に基づき、治療を実施

・ 筋力低下の部位を特定してその部位の筋力訓練を行います。
・ 関節や筋肉の硬直をマッサージやストレッチで緩和して、運動能力の向上を目指します。
・ 動作の妨げとなる痛みをマッサージやストレッチにより緩和していきます。
・ 各動作が効率よく行なわれているかチェックして声かけをしながら日常動作訓練を行っていきます。
・ 意欲の低下されている方には、励ましながら自信を取り戻して頂くよう声かけを行います。