ホーム > 訪問リハビリマッサージとは

在宅訪問マッサージとは

訪問リハビリマッサージとは

身体が不自由でお1人での通院が困難な患者様が、健康保険を使ってご自宅で受けられるリハビリマッサージ治療です。

日本は2007年の人口推計の結果、高齢化率(65歳以上の人口が総人口に占める割合)が21%を超え、超高齢社会に突入しました。それに先立つ2006年、介護保険制度の改正により、介護予防が認可を受けました。一方で、医療法も改正され、入院期間やリハビリ期間が大幅に短縮されてしまいました。これらの制度改正の結果、患者様が満足にリハビリを受けられなくなり、いわゆる「介護難民」や「リハビリ難民」が続出する事態となってしまったのです。

上記に加え、介護保険制度下で訪問リハビリを担当とする理学療法士(PT)や作業療法士(OT)などのマンパワー不足が影響し、特に慢性期の患者様へのリハビリが供給不足となっている状況です。

在宅マッサージとは、このようにリハビリを受けられず、寝たきりや歩行困難で通院もできず、医療上マッサージを必要とする患者様に対して、医師の同意書をもとに、各種医療保険制度を利用して在宅で受けられる訪問リハビリマッサージです。
 
対象症状と治療内容はこちら ご利用の流れはこちら