ホーム > 対象症状と治療内容

対象症状と治療内容

対象となる症状

このような方にご利用頂いています

  • 歩行が困難な方 (寝たきり、車いす、杖歩行など)
  • 脳梗塞、脳出血後遺症などにより麻痺でお悩みの方
  • 関節の動きが悪い方 (骨折後、変形、拘縮など)
  • パーキンソン病、変形性関節症、関節リウマチなどの方
  • 筋力低下、筋萎縮などの廃用症候群でお悩みの方
  • その他病名に関係なく、これらの類似する症状などが対象となります。

治療内容

長時間身体を動かさずにいると、筋肉や関節の硬化が起こります。また長時間の臥位により、踵、おしり、背中等の筋肉が圧迫されてその部位の血流が悪くなります。
それらの症状をマッサージやストレッチにより緩和していきます。可能であれば寝返り、起き上がり、座位保持等の動作訓練を行い、身体を動かす機会を作っていきます。

拘縮を起こしている関節周囲の筋肉や靭帯をゆるめ、関節の可動域を広げます。
これにより、できる動作が増え、衣服の着脱やオムツ交換も容易になります。

麻痺した筋肉にマッサージやストレッチをすることにより、硬直した筋肉をやわらげていきます。運動神経麻痺や知覚神経麻痺等の場合にも、マッサージを行うことで、神経や筋肉を興奮させ、機能を回復することが期待できます。

日常生活動作が出来ない原因を考え、それを取り除いていきます。
また、マッサージやストレッチの適度な刺激により運動機能を高め、直後の動作訓練を効果的なものにします。  

足底や下腿部を中心に軟部組織へ適度な刺激を与えることで、リンパ液と静脈血の還流をはかります。
これにより、浮腫の緩和や褥瘡の治癒を促進します。(褥瘡部分のマッサージは出来ません。)
※褥瘡(じょくそう)とはいわゆる「床ずれ(とこずれ)」のことを指します。

一口に歩行困難と言っても様々な原因が考えられます。
足腰の痛みやバランス能力・筋力低下、麻痺などの原因に合わせて治療を行います。もう一度、一人で歩行できるように、段階を踏んでマッサージとリハビリを行っていきます。