スタッフブログ

2017年9月27日 水曜日

下肢筋力強化

名古屋市天白区の女性

現在、全身の筋緊張緩和、両下肢浮腫の緩和、筋力維持・増強、運動機会の確保を目標に施術しています。
施術内容は、全身のマッサージ、上下肢のストレッチ、両下肢の抵抗運動法(各10回×1)、ヒップリフト(10回+10秒間維持)、立位での腿上げ踵上げ訓練(各10回)、片足立ち訓練(10秒)、スクワット(10回)、歩行訓練(10m×2)等を行っています。
現在、痛み等はなく、体調の大きな変化はありません。
下肢の浮腫は、日によって強い日があります。
歩行時、ふらつきが少し見られます。
頚肩部の筋緊張もあります。
背腰部に強い緊張は、あまり見られません。
基本動作は自立していらっしゃいます。
今後も全身のマッサージを行い、血行を改善しながら頚肩部の筋緊張緩和と下肢の浮腫軽減および下肢筋力強化の運動を行っていきたいと考えています。

記事URL

2017年9月27日 水曜日

ハムストリングの緊張

名古屋居守山区の女性

7月より施術を開始しました。右膝、右股関節の疼痛・関節拘縮緩和、背腰部の筋緊張緩和、起居動作の維持改善を目標に施術を行っています。
施術内容は、全身のマッサージ、下肢ROM、右下肢等尺性運動(膝股関節伸展5秒×8回)腰上げ、腹筋(各10回)、
車椅子を持って立ち上がり訓練(10〜15回)等を行っています。
脳出血後遺症(右麻痺)、腰部脊柱管狭窄症あり。
股関節、膝関節の伸展制限有り(共に伸展−50度程)
右膝や大腿〜下腿にかけての疼痛があります。
開始時に比べて徐々に膝の伸展角度は改善傾向にあると感じますが、ハムストリングの緊張が抜けない日が多いです。
天気が悪いと痛みが悪化するようです。
マッサージ後は疼痛も緩和するようです。
今後もマッサージ、運動訓練等で疼痛緩和、起居動作の改善を図りたいと考えています


記事URL

2017年9月22日 金曜日

疼痛・痺れの緩和

名古屋市天白区の男性

現在、腰部の疼痛・両上下肢の痺れの緩和、体幹・下肢の筋力向上、歩行動作の向上を目標に施術を行っています。
施術内容は、全身のマッサージ(頚部は除く)、上下肢・手指のROM、下肢外転保持運動(左右各5秒×5回)、
立ち上がり訓練(5~10回)、片脚立位(左右10秒×2回)、歩行器歩行(廊下2往復)等を行っています。
頚部腰部脊柱管狭窄症、心筋梗塞、以前に軽度の脳梗塞(左麻痺)あり。
手指の痺れは強く続いている。時折下腿から下の軽度浮腫あり。
ベッドは再び変更されて立ち上がりは問題無し。
7月28日、前日に移乗で尻餅をつき右座骨の痛み、歩行で痛みなし。
8月より歩行訓練で足の上がりが悪い日が増えている。
8月23日、運動後の胸の違和感、下肢の浮腫も悪化している。
8月28日、検査入院に入る
今後もマッサージや運動訓練、バランス訓練等を行い、疼痛・痺れの緩和を図り、歩行動作が向上して本人の活動範囲が広がればと考えています。

記事URL

2017年9月22日 金曜日

体表感覚の痺れ

名古屋市瑞穂区の男性

現在、坐位バランスの向上、上肢の疼痛緩和、体幹・下肢の筋力向上、起居動作の維持・改善を目標に施術を行っています。
施術内容は全身マッサージ、四肢のROM、側臥位にて下肢外転運動(左右10回ずつ)、仰臥位にてヒップリフト・腹筋(10回程度)、
下肢伸展自動運動・足関節背屈運動(10回程度)、端座位にて前後左右の坐位バランス訓練、立位訓練(5回)等を行っています。
頚部脊柱管狭窄症、痙性四肢体幹麻痺(右>左)、臀部に褥瘡あり、
右股関節屈曲MMT 0~1程度、右足関節背屈制限(筋緊張による)、
四肢体幹の体表感覚の痺れあり。左小円筋部、両肩甲間部の緊張・疼痛あり。
右手指の拘縮あり。6月に入り力の入りにくさを感じる。右足底の神経過敏の様な症状は緩和する。
右上腕~肘部の痛みは変動有り。
足部の浮腫、顔の肌荒れが時折起こります。
6月26日、朝に微熱とふらつきあり。
7月初旬から一ヶ月程、立位で足に力入らず震えが強い日が増える。
8月21,30日、それぞれ朝にベッド座位から右方向に転倒、右座骨付近打撲、背部の筋を痛める。
背中に力入らず体幹運動、立位は1週間程中止。現在は緩和している。
調子に応じて引き続き運動機会を増やしたいと考えています。

記事URL

2017年9月22日 金曜日

起床時の膝の痛み

名古屋市緑区の女性

現在、下肢・腰部の疼痛緩和、起居・歩行動作の維持・改善を目標に施術を行っています。
施術内容は全身のマッサージ、下肢・体幹のストレッチ、下肢の自動伸展運動(左右各10回)、立位での踵あげ(10回)、手引きでのスクワット(10回)、手引き歩行訓練(廊下1往復)等を行っています。
3ヶ月前と比べて状態は変わりありません。
興奮気味に話すことは以前より減っています。
朝の起床時に右膝の痛みがあります。
日により歩行時に左方向にふらつきや傾きがあります。
7月中旬頃より、歩行の際の足の出が悪くなり安定して歩ける距離が短くなる。
日差はあるが一ヶ月程続く。
8月下旬頃より、歩行で足に力が入り以前のように歩ける。
痛みや調子を確認しながら歩行動作や筋力が低下しないように運動訓練、歩行練習を続けていきたいと考えています。

記事URL