スタッフブログ

2017年6月27日 火曜日

糖尿病・透析

名古屋市守山区の糖尿病の男性

現在、全身の筋力向上と起居動作の改善、透析後の疲労緩和を目標に施術しています。
施術内容は、全身のマッサージ(左上肢を除く)、四肢のストレッチ・両上下肢の軽い抵抗をかけた屈伸運動(5回)、腹筋・背筋運動(5回)、起き上がり訓練、端座位保持訓練等を行っています。
最近、勝さまの筋力低下と起居動作の低下が著明なため5月16日より軽度の運動訓練を開始しました。透析後のため本人の疲労度をみながら行っていきます。
腹筋と右下肢の力が入りづらく、起き上がり動作の支障になっているものと思われます。
ベッドから足を降ろすタイミングや上肢を上手に使えた時などは起き上がり動作を見守りにて
行うことが出来ます。端座位保持は柵を持たずに3分程度行っています。
今後も全身の筋力向上と起居動作の改善、透析後の疲労回復等を目標に施術していきたいと考えています。

記事URL

2017年6月27日 火曜日

変形性膝関節症

名古屋市天白区の女性

現在、身体機能の維持・改善を目標に施術しています。
施術内容は、全身のマッサージ、両下肢・体幹の自動・他動運動、端座位保持訓練、端座位での右上肢挙上訓練(7回)、端座位からの立ち上がり訓練(3回)・立位保持訓練(10秒×3回)等を行っています。
4月初旬頃から声かけに対する反応や発話が減ってきているように感じます。
肺炎をされたこともあってか筋が弛緩状態にあり足に力が入らない状態でした。
4月20日頃から端座位が安定してきて、立位時も足に力が入るようになってきました。
その頃から笑顔を見せてくれて私の名前も呼んでくれるようになりました。
5月7日の朝に右膝の激痛を訴える。熱感あり。整形受診にて変形性膝関節症の診断。
しばらく右膝の安静が必要になり、移乗等は全介助によるものとなる。
徐々に状態が良くなり、6月現在はトイレでの立位保持や車椅子での自走も出来ているとの事です。
移乗も以前のように一部介助にて行うことが出来ています。
筋の緊張も高まってきており、介助しやすい状態に戻ってきています。
今後も身体機能の維持・改善を目標に施術していきたいと考えています。

記事URL

2017年6月27日 火曜日

廃用症候群

名古屋市天白区のグループホームにお住まいの女性

現在、廃用症候群の緩和を目標に施術しています。
施術内容は、全身のマッサージ、ストレッチ、関節可動域訓練、ヒップリフト(7回)、下肢の自動伸展運動(5回)、手すりを持って車椅子からの立ち上がり訓練(3回)、立位保持訓練(20秒程度×3回)、歩行訓練等を行っています。
この3ヵ月間は、傾眠によるものなのか声かけに対する反応や動きがあまり良くない日が多かったため歩行訓練は4日間しか出来ませんでした。
端座位のとり始めに後方に倒れる傾向がありますが、補正してあげると正位置を保持できます。
左下腿部の浮腫が目立つ日がありました。
車椅子座位時や立位時に左側に傾く傾向があります。
4月18日、ベッドからの起き上がり介助時に腰の痛みを訴えられました。
5月2日、腰の痛みを訴えず。6月現在まで同症状は出ていません。
右肩関節屈曲90°  最近は右肩を動かした時に痛みを訴えていません。
両股関節屈曲90°
こちらの指示に対して足を動かしたりおしりを持ち上げたりという動きはあります。
今後も運動機会を確保して、廃用症候群の緩和を目標に施術していきたいと考えています。

記事URL

2017年6月23日 金曜日

認知症

名古屋市天白区の女性

現在、両下肢痛の緩和、両足部浮腫の緩和、運動機会の確保を目標に施術しています。
施術内容は、座位での両下肢のマッサージ、両下肢の他動運動(10回)、両下肢のROM訓練、両下肢のストレッチ、足関節の底背屈と回旋運動(10回)、立ち上がり訓練(5~10回)等を行っています。
両足部浮腫あり。
両下腿部から足部にかけ冷感あり。
両下肢特に左股関節痛あり。
両下肢の筋緊張あり。
日によって認知機能の低下が見られる。
現在、両足部浮腫や両下肢の筋緊張は残存しています。最近はベッド上で両下肢の機能訓練を行っています。
軽度ですが両膝の拘縮も見られ、膝の伸展時の制限が見られます。日によって興奮状態の時が見受けられますので無理なく運動やマッサージを行っています。引き続き、血行促進によるマッサージと拘縮緩和、足部浮腫緩和を中心に施術していきます。

記事URL

2017年6月23日 金曜日

パーキンソン症候群

名古屋市天白区の男性

現在、全身の筋緊張緩和、両足部浮腫の緩和、上下肢筋固縮の緩和、姿勢の矯正、運動機会の確保を目標に施術しています。
施術内容は、全身の筋緊張緩和、上下肢のROM訓練、四肢のストレッチ、寝返り訓練、起き上がり訓練、両下肢抵抗運動法(各10回)、ヒップリフト(10回と10秒維持)、座位での体幹前後屈訓練(各5回)、立ち上がり訓練(10回)、立位での踵上げ訓練(10回)を行っています。
特に左側全体の筋固縮や指先がん丸め運動(不随運動)が見られる。(パーキンソン症状)
歩行時では小刻み歩行。(転倒リスクあり)
左足関節拘縮あり。(軽度底屈位)
立ち上がり時、後方へ重心が移動しやすい。
両足部浮腫あり。痺れ感あり。
体幹筋の筋力低下が見られる。
現在、4月初めくらいまで、ショートステイに滞在されていてリハビリを行っていなかった為か、全体的に拘縮が強くなっている様子です。介助付きにて立ち上がり訓練を行っていますがどうしても重心が後方へ傾いてしまいます。最近は左右の胸痛があり上体がおきている所から仰臥位になる時痛む様子です。引き続き、拘縮の緩和と全身の筋緊張緩和を中心に施術していきます。

記事URL