スタッフブログ

2016年8月25日 木曜日

歩行器での歩行

現在、頚部・腰部・足部の疼痛・痺れの緩和、起居動作の維持改善、筋力低下の予防を目標に施術を行っています。
施術内容は、全身マッサージ、手すりでの足踏み・踵あげ・スクワット(各10回)、手引き歩行(室内を2周程)等を行っています。
糖尿病・座骨神経痛・変形性脊椎症の既往歴あり。
頚肩部の痛みの訴えは時折あります。寝返りの際や起き上がり時に腰部の痛みを訴えますが緩和傾向にあります。
3ヶ月前と比べて足部の痺れ・冷えの訴えが減っています。また起居動作も改善しています。
マッサージ後は痺れの軽減や暖かさを感じるそうです。
5月下旬より普段の移動も歩行器に変わる。疼痛も減少。
7月より枕を高めの仰臥位にて下肢の自動運動、ストレッチも行う。
手引き歩行でも体幹の伸展が若干改善。歩行練習以外に壁に手をつき腕立てや踵あげを(10~15回)行う。
引き続き、痛みの状態を見ながら姿勢の維持改善、起居動作・下肢筋力の改善維持を目標に施術を行っていきたいと考えています。

記事URL

2016年8月22日 月曜日

マッサージ師募集しています。

現在、当社ではマッサージ師の国家資格者を募集しています。
当社は運動訓練を中心としたマッサージ施術を行っており、日常生活中での動作の質・量の改善や痛み・むくみなど運動機会の減少による諸症状の改善を目標にしています。

こちらが求めている人材は
① まじめな人
② この仕事が好きな人
です。

できれば経験者が良いですが、未経験者でも上記①に該当していれば、こちらでできる限り丁寧に指導致します。

当社に対する希望があれば面接時にお話ください。
現在、他社で働いている方などに対しては待遇面で好い条件を提示できればと考えています。
現在当社で働いて頂いているスタッフの条件等も提示して交渉できればと思います。

お互いが納得して長く一緒に働いていくにはウィンウィンの関係が一番です。
一度ご連絡ください。


記事URL

2016年8月22日 月曜日

名古屋市千種区の方

名古屋市千種区のグループホームにお住まいの女性

現在、腰部・両下肢の疼痛緩和、起居動作の改善、体幹・下肢の筋力向上を目標に施術しています。
施術内容は、全身マッサージ、両下肢のストレッチ、手すりでの立ち上がり訓練(5回)、立位での腿上げ(20~30回)、踵あげ(10回)等を行っています。
腰椎4.5番~右仙腸関節にかけての疼痛あり。
背腰部、両大腿外側の筋緊張、特に右背腰部膨隆ぎみで緊張強い。
5月30日、左大転子付近の傷、本人が引っ掻いてしまうと。
6月6日、反応が悪くベッドで寝る時間が増えていると。
6月16日、尿路感染で先週より37℃台の発熱続いていた。熱は下がるが反応悪く寝たきり状態。仙骨と両大転子に褥瘡。軽擦と体位変換、ROM行う。
6月30日、26日から食事の際に車椅子に移乗始める。脇を抱えて介助立位数回、移乗まで行う。膝の伸展しづらく下肢に力入りにくい。
8月8日、膝の伸展制限が若干改善(両膝伸展-20度)、介助立位も力が戻ってきて立位5~10秒保持を8回程行う。
ベッドでの臥床時間が増えて下肢筋力や膝関節可動域が低下してしまいました。
動作時に褥瘡部や腰下肢部の疼痛の訴えもありますが、現在徐々にですが緩和・改善しています。
また受け答えの反応も良好な日が増えてきました。
引き続きマッサージ、運動訓練等で起居動作改善や疼痛緩和を図りたいと考えています。

記事URL

2016年8月10日 水曜日

左大腿骨頚部骨折の方

名古屋市天白区のグループホームにお住まいの男性

現在、左上下肢・腰部の疼痛緩和、下肢筋力の向上、起居動作の向上を目標に施術を行っています。
施術内容は、全身のマッサージ、両上肢のROM、下肢伸展・屈曲抵抗運動(10回)、ヒップリフト・腹筋(各10回)、端座位にて上肢90°挙上運動(10回)、立ち上がり訓練(10回)、
立位にて手すりを持って踵あげ(10回)、足踏み(20回)、腰を支えて杖歩行(20~30m)等を行っています。
左大腿骨頚部骨折、左上腕骨骨折の既往歴有り。腰椎圧迫骨折有り。
下肢筋力低下(左>右)、左股関節は立ち上がり時に時折疼痛が出ます。
3ヶ月前と比べて日差はありますが起居動作改善傾向。
両手指屈曲可動域、左右とも60°程度。左肩関節屈曲90° 外転90°程度。共に日差あり、腰部痛も3ヶ月前に比べて訴えが減ってきています。
6月末より側方介助にて杖歩行練習開始。
6月30日に室内で転倒し右手裂傷。
7月11日、咳が出て声も枯れている。下肢に力入らず起き上がり、立ち上がりも介助、歩行練習行わず。
7月15日、スタッフより動作全介助で力入らないと言われる。マッサージ後、起き上がり等は要介助だが立位にて運動訓練は行える。
7月22日、調子戻り杖歩行も再開。
時折立ち上がりや杖歩行時にふらつき等が見られる日もあります。
その日の調子を確認して運動訓練をおこない転倒予防、歩行・起居動作の向上に繋げていきたいと考えています。またマッサージや関節運動を行い、手指の疼痛・拘縮緩和を図っています。

記事URL

2016年8月 8日 月曜日

腰痛の方

名古屋市天白区の方

5月より施術再開。腰痛、左手関節の疼痛緩和、運動機会の確保、歩行動作の維持改善を目標に施術を行っています。
施術内容は、座位での四肢・背腰部マッサージ、ホットパック、左手関節ROM、
体幹の回旋・側屈運動、立位にて踏み出し練習(前後左右10回ずつ)、
スクワット・踵あげ(10回)、歩行練習(3〜40m程)を行っています。
パーキンソン症候群、昨年12月と1月に転倒、腰椎圧迫骨折、左橈骨骨折。
背腰部の筋緊張強い、骨盤後傾、円背傾向、大胸筋緊張あり。
再開後の反応や会話の受け答えは以前より良い。
左手関節背屈、掌屈や回旋動作で痛み。腰は腰椎から腸骨稜付近にかけて痛みあり。
ホットパック後は痛み少なくROM等行える。現在は疼痛が緩和しホットパック行っていません。
歩行も見守りで廊下3往復行える。以前より安定し足取りも良い。後半に疲れてくると前傾姿勢が強くなります。
6月6日、2日前に段差でつまづき腰の痛み悪化。2週間程で緩和。
朝晩のベッドに横になる際の腰痛は続いています。また左手も痛み続いています。
段差など転倒に気をつけながら、引き続き歩行・運動機会を増やしていきたいと考えています。

記事URL