スタッフブログ

2018年1月20日 土曜日

室内で転倒

名古屋市天白区の女性

現在、下肢の疼痛緩和、起居動作、歩行動作の維持改善を目標に施術を行っています。
施術内容は、下肢を中心にマッサージ、ストレッチ、腹筋・ヒップリフト(15回)、側臥位で下肢外転運動(20回)、端座位で両下肢外転抵抗運動(10回)、
立位にて踏み出し練習(前後左右各10回)、歩行訓練(廊下2~3往復)等を行っています。
昨年3月に転倒し、右大腿部頚部骨折あり。
両臀部(梨状筋)の圧痛あり。
膝から下の違和感(痺れ?)を強く訴えます。
また右足振り出し時に右膝、右爪先が内側に入る傾向続く。
歩行練習でのつまづきは若干減っています。
マッサージの際の痒みは続いています。
10月17日、認知症状強く話が噛み合わず焦っている。震えも強いので歩行は中止。
12月12日、寝返り起き上がり時に腰の痛みを訴える。左の腰部の脊柱起立筋付近の圧痛。お腹に響く感じもあると。
12月19日、3日前に室内で転倒。顔面に内出血あり。検査では異常ないとの事。
12月からの動作時の下腹部の痛みと張りは現在も続いています。12月中は室内歩行、年明けより廊下を歩いています。下腹部の張りは気になるようです。
疼痛緩和、起居動作の改善を図り、転倒予防の目的で下肢の運動訓練もしっかり行って行きたいと考えています。



カテゴリ一覧

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31