スタッフブログ

2017年12月 7日 木曜日

歩行への恐怖心

名古屋市天白区の女性

現在、下肢筋力の向上、バランス能力の向上、起居動作・歩行動作の安定を目標に施術を行っています。
施術内容は、下肢中心、頚肩部のマッサージ・ストレッチ、椅子に座って下肢抵抗伸展運動(左右10〜15回)、踏み出し練習(前後左右各10回)、歩行器歩行(20〜30m)等を行っています。
既往歴で、軽度の脳ラクナ梗塞、右大腿骨頚部骨折、左膝関節変形症手術、左橈骨骨折等あり。
両足指の変形あり、右股関節に体重かけづらいのか座位や立位で左に体が傾いています。
3ヶ月前と比べて起居・歩行動作は低下しています。
8月のお盆休み明け頃より、歩行訓練時に恐怖心強くなり小刻み歩行が増えていました。
9月11日以降は杖歩行を中止して歩行器で歩行を行っています。
10月中旬頃は毎回部屋で寝ていて歩行器でも怖いという時期がありました。指示が伝わらなかったり認知症状も強く出ていました。現在は横に付き歩行器を支えながら行えています。
3ヶ月前に比べると歩行距離が半分程になりましたが、再び徐々に伸びてきています。
歩行が難しい時は立位訓練やスクワットなど、不安感が出ないように運動訓練を続けていき動作の安定につなげたいと考えています。



カテゴリ一覧

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31