スタッフブログ

2017年10月 5日 木曜日

肺炎のため入院

名古屋市天白区の男性

現在、全身の筋緊張緩和、両足部浮腫の緩和、上下肢筋固縮の緩和、姿勢の矯正、運動機会の確保を目標に施術しています。
施術内容は、全身の筋緊張緩和、上下肢のROM訓練、四肢のストレッチ、寝返り訓練、起き上がり訓練、両下肢抵抗運動法(各10回)、ヒップリフト(10回と10秒維持)、座位での体幹前後屈訓練(各5回)を行っています。
特に左側全体の筋固縮や指先がん丸め運動(不随運動)が見られる。(パーキンソン症状)
歩行時では小刻み歩行。(転倒リスクあり)
左足関節拘縮あり。(軽度底屈位)
立ち上がり時、後方へ重心が移動しやすい。
両足部浮腫あり。痺れ感あり。
体幹筋の筋力低下が見られる。
7月中旬頃、肺炎の為、入院され2週間くらい運動を行っていませんでした。そのせいか、両下肢の関節拘縮が進行して、立ち上がりが現在はしづらくなっています。背腰部、両下肢全体の筋緊張が強く、下肢の屈伸運動時に疼痛を訴える事が多いです。引き続き、筋緊張緩和と関節拘縮の緩和を中心に施術していきます。