スタッフブログ

2017年10月 5日 木曜日

耳鳴り

名古屋市名東区の男性

現在、全身の筋緊張緩和、右上肢の痺れの緩和、右肘関節拘縮の緩和、運動機会の確保を目標に施術しています。
施術内容は、全身のマッサージ、上下肢のストレッチ、両下肢の抵抗運動法(各10回)、ヒップリフト(10回+10秒間維持)、立位での腿上げ踵上げ訓練(各10回)、スクワット(10回)、片足立ち訓練(各10回)を行っています。
頸肩背部、両下腿部の筋緊張あり。
右上肢から指先までの痺れ感あり。
座位から起き上がり時にふらつきが見られる。(以前、酔って転倒、頭部を打ってから発症)
普段から低血圧ぎみ。
歩行は不安定感があり、外出時は杖歩行している。
下肢筋力(MMT5)。
基本動作は自立している。
現在、腰臀部、両下肢の筋緊張は残存しています。右肘関節拘縮では屈曲制限が見られ、右上肢全体の軽度の痺れが見られます。最近では、耳鳴りが日によって酷く立ち上がり時にふらつきが見られます。運動訓練では比較的良好で安定感は見られますが、両下肢の筋力が少し低下している様子です。引き続き、筋緊張緩和と運動機会の確保を中心に施術していきます。