スタッフブログ

2017年7月 6日 木曜日

脊柱管狭窄症

名古屋市天白区の男性

現在、腰部の疼痛・両上下肢の痺れの緩和、体幹・下肢の筋力向上、歩行動作の向上を目標に施術を行っています。
施術内容は、全身のマッサージ(頚部は除く)、上下肢・手指のROM、下肢外転保持運動(左右各5秒×5回)、
立ち上がり訓練(5~10回)、片脚立位(左右10秒×2回)、歩行器歩行(廊下2往復)等を行っています。
頚部腰部脊柱管狭窄症、心筋梗塞、以前に軽度の脳梗塞(左麻痺)あり。
手指の痺れは強く続いている。時折下腿から下の軽度浮腫あり。
4月11日、右三角筋部の疼痛、マッサージ後緩和。
4月19日、朝方に左下腿の痺れ強まる。2日で緩和。
6月6日、歩行器歩行を2周続けて行った後、手と足の痺れ強まる。手はすぐ治まるが、足は2日程で緩和。
6月より要介護度が変わり低いベッドに変更になる。立ち上がりがしにくいそうで、つかむ場所を変えて練習。
歩行訓練も後半は疲れて、前傾が強まるのと、足の上がりが悪くなる。
今後もマッサージや運動訓練、バランス訓練等を行い、疼痛・痺れの緩和を図り、歩行動作が向上して本人の活動範囲が広がればと考えています。