スタッフブログ

2017年7月 1日 土曜日

座位バランスの向上

名古屋市瑞穂区の男性

現在、坐位バランスの向上、上肢の疼痛緩和、体幹・下肢の筋力向上、起居動作の維持・改善を目標に施術を行っています。
施術内容は全身マッサージ、四肢のROM、側臥位にて下肢外転運動(左右10回ずつ)、仰臥位にてヒップリフト・腹筋(10回程度)、
下肢伸展自動運動・足関節背屈運動(10回程度)、端座位にて前後左右の坐位バランス訓練、立位訓練(5回)等を行っています。
頚部脊柱管狭窄症、痙性四肢体幹麻痺(右>左)、臀部に褥瘡あり、
右股関節屈曲MMT 0~1程度、右足関節背屈制限(筋緊張による)、
四肢体幹の体表感覚の痺れあり。左小円筋部、両肩甲間部の緊張・疼痛あり。
右手指の拘縮あり。
右上腕~肘部の痛みは変動有り。
足部の浮腫、顔の肌荒れが時折起こります。
4月初旬頃は下肢に力入らず、立位で震えが強い。
5月頃より立位初回のみ力入らなく震え、2回目以降は下肢に力はいる、時折右足の膝折れがある。
6月7日、右座骨付近の皮膚の荒れ、痛み強いので坐位での運動や立位は休止する。
右足底の神経過敏の様な症状あるとの事です。絨毯の少しの凸凹でも痺れるように痛むようです。
調子に応じて引き続き運動機会を増やしたいと考えています。