スタッフブログ

2016年10月 6日 木曜日

認知症の方

名古屋市緑区のグループホームにお住まいの女性

現在、下肢・腰部の疼痛緩和、起居・歩行動作の維持・改善を目標に施術を行っています。
施術内容は全身のマッサージ、下肢・体幹のストレッチ、下肢の自動伸展運動(左右各10回)、立位での踵あげ(10回)、手すりで足踏み(20回)、歩行訓練(時折手すりを持って20m程)等を行っています。
6月10日、転倒、右大腿部頚部骨折。22日に退院。右下肢の疼痛と下肢全体の強度の浮腫
(左<右)起居動作全般で疼痛強い。
2週間程で疼痛緩和し起居動作は見守り状態に。立位での運動訓練増やす。
8月1日、手すりを持って歩行訓練開始。移動も手引き歩行で行う。疼痛なく行える。
8月22日、認知症状が進み会話が難しい。入居者への暴言が多い。
退院後、身体状況は順調に回復していましたが8月中旬頃より徐々に認知症状が進み不穏
状態です。
立位や歩行の際に目をつむることが増え、以前より介助歩行が不安定です。立ち上がりの
時に痛がることがあります。
意思疎通が難しいですが、歩行動作や筋力が低下しないように運動訓練、歩行練習を続けていきたいと考えています。