スタッフブログ

2016年9月22日 木曜日

名古屋市千種区のグループホームにお住まいの方

6月より施術を開始しました。現在、腰部の疼痛緩和、起居動作、歩行動作の安定、
改善を目標に施術を行っています。
施術内容は全身のマッサージ、体幹・下肢のストレッチ、腹筋(10回)、ヒップリフト(10回)、立位での前方左右への踏み出し練習(各10回)、
手を持って介助歩行(リビング2周)、等を行っています。
パーキンソン病、レビー小体型認知症で左上肢の不随意運動あり。半年程前に転倒して脊椎骨折の既往歴あり。
マッサージ開始時は腰部と両臀部の疼痛あり、現在は緩和傾向にあり朝の起床時に腰部痛が出ています。
また立位や介助歩行時に膝折れがありましたが、現在は緩和しています。
胸椎の軽度後彎、両臀部大腿外側部の緊張(右>左)あり。
6月下旬頃まで動き始めの腰痛等ありましたが、現在は起床時に限定されています。
臀部~大腿外側の緊張が強いのでストレッチ等を念入りに行っています。
本人も普段から手すりでの足踏みやスクワット等を行っているそうです。
立位・歩行での膝折れは無くなりましたが、時折ふらつきが見られるので運動訓練等で歩行・起居動作の安定を図りたいと考えています。