スタッフブログ

2016年6月10日 金曜日

弛緩性麻痺

名古屋市千種区の女性

現在、全身の筋緊張、左上下肢の関節拘縮、疼痛の緩和を目標に施術しています。
施術内容は、全身のマッサージ、関節可動域訓練、右上下肢の自動運動、左上下肢の他動運動等、体幹エクササイズ、ヒップリフト、座位保持等を行っています。
左上下肢に関節拘縮と弛緩性麻痺あり。両足部に軽度の浮腫あり。
左上肢の動作時にピリピリする痛みを感じることが多いです。
4月は左頚部の痛みの訴えが多かったです。
5月下旬に右膝を捻ったようで、動かすと痛みが強く膝蓋骨内側でやや熱感がありました。
6月初旬に受診され、痛み止めの薬を処方されたとのことで、それ以降は痛みの訴えはなく落ち着いた様子です。
起床や横になる際、腰部や腹部に痛みが生じることが多かったです。
全体的に緊張が高い状態です。
座位は不安定なことが多く、ご自身でコントロールすることが難しい様子です。
今後も疼痛の緩和を図り、運動機会を増やしながら座位保持の安定性の向上に繋げていきたいと考えています。