スタッフブログ

2016年6月 1日 水曜日

嚥下動作の改善

名古屋市守山区の女性

現在、頚部・肩~胸部・腰部の筋緊張緩和、廃用症候群予防を目標に施術を行っています。
施術内容は、全身・顔面~頚部マッサージ、体幹部ストレッチ、下肢自動運動(伸展左右各10回)等を行っています。
脊髄小脳変性症で運動失調あり。
3ヶ月前と比べて反応の悪い日が増えています。咳き込む回数低下していますが、食事でむせることは続いているようです。
現在、発話は難しい日が多く、首振りや手で意思表示してもらっています。
血圧はマッサージ前後で、収縮期110~140、拡張期60~80、脈60~80程です。
2月16日、前日に38度台の発熱。この日は36度台に下がる。
4月5日、顔面部にアザ、部屋でぶつけたそうです。痛みは無し。
4月24日、胸の違和感で病院受診、特に異常無しとの事。
脊柱起立筋・腰方形筋、頚部の緊張があります。
また寝る姿勢や坐位保持の際に緊張が高まるようで仙骨部、両前腕、腰部の疼痛の訴えが増えています。
疼痛部位を中心にマッサージを行い、また頚部・顔面部のマッサージ、ストレッチ等で発話、嚥下動作の改善を図りたいと考えています。