スタッフブログ

2016年5月27日 金曜日

筋力低下の予防

名古屋市天白区の有料老人ホームにお住まいの男性

現在、頚部・腰部・足部の疼痛・痺れの緩和、起居動作の維持改善、筋力低下の予防を目標に施術を行っています。
施術内容は、全身マッサージ、手すりでの足踏み・踵あげ・スクワット(各10回)、手引き歩行(室内を2周程)等を行っています。
糖尿病・座骨神経痛・変形性脊椎症の既往歴あり。
頚肩部の痛みの訴えは時折あります。寝返りの際や起き上がり時に腰部の痛みを訴えます。
3ヶ月前と比べて足部の痺れ・冷えの訴えが増えています。触ると左の足部は冷えがあります。
マッサージ後は痺れの軽減や暖かさを感じるそうです。
2月からの腰痛は3週間程で徐々に痛み減るが動作時痛は強く立位や歩行は行えず。
2月22日、右上腕に内出血と左後頭部に腫れと熱感。
何度か転倒したそうで室内も車椅子に。
3月より立位訓練再開、腰部はましだが足の強い痺れを訴える。
4月中旬より室内で手引き歩行再開、足どりが少し不安定。
引き続き、痛みの状態を見ながら姿勢の維持改善、起居動作・下肢筋力の改善維持を目標に施術を行っていきたいと考えています。