スタッフブログ

2016年5月23日 月曜日

腰部痛の強い方

名古屋市緑区のグループホームにお住まいの男性

現在、姿勢・関節可動域の維持改善、筋力・歩行動作の安定・向上を目標に施術を行っています。
施術内容は全身のマッサージ、上肢・頚部・体幹のストレッチ、ヒップリフト・腹筋(各10回×2)、下肢抵抗運動(左右10回)、坐位にて上肢挙上(10回)、
手すりを持って姿勢を意識しての足踏み(20回)、踵あげ・スクワット(各10回ずつ)を行っています。
胸部から腰部の変形、骨盤後傾、頚部前屈。
頚部全体、両大腿外側の筋緊張亢進。
ハムストリングの筋力低下。
3月14日、部屋に歩く際に左腰の痛み訴える。3日程で緩和する。
3月24日、腰部の痛み再発。腰椎仙骨移行部、左臀部の動作時痛、圧痛強い。痛み止め処方される。
痛みが強い時期は車椅子で室内移動。現在は手すり等でつかまり歩行。
4月中旬ごろまで動作時痛も強いのでマッサージやストレッチ、ホットパック等が中心でしたが、現在はベッド上や坐位、手すりを持って立位訓練など可能。
起居動作の痛みは若干緩和していますが、歩行時は痛みが強く腰・首の前傾姿勢が以前より増加しています。
臀部(特に左)の緊張が続いており、時折大腿筋膜張筋の圧痛もあります。
マッサージ、ホットパック等で疼痛の緩和を図り、疼痛に気をつけながら腰臀部周辺や下肢の運動も行っていきたいと考えています。