スタッフブログ

2016年1月25日 月曜日

弛緩性麻痺

名古屋市名東区の男性

脳梗塞、左弛緩性麻痺、慢性腎炎、気管支喘息の既往歴有り。
現在、左上下肢・背腰部の疼痛緩和、起居動作の維持改善を目標に施術しています。
施術内容は、左上下肢・背腰部のマッサージ、ROM訓練、仰臥位での左下肢伸展・内転運動(10回程度)、
左上肢屈曲(5回程度)、左下肢の抵抗運動(前後左右10〜15回)、端座位からの立ち上がり訓練(10回程度)、
立位でのバランス訓練、左下肢の踏み出し練習(5回)、スクワット(10回)等を行っています。
下肢筋力はMMT左股関節伸展3、内転3程度、上肢は筋収縮感じにくいです。
左肩亜脱臼気味、左手指の屈曲制限有り。臥位時には左股関節の外転・外旋位が強い。
10月中旬頃より下肢に力がついてきており、立ち上がり等運動の回数を増やす。
11月27日、前日に車椅子からずり落ちてお尻を打撲、痛み無し。
1月4日、年末12月30日に39℃の発熱。解熱剤により3日程で下がる。
また移乗時に右足関節を捻り痛み出る。立位等は行わず。
1月8日、前日から38℃台の発熱、肺炎との診断。入院必要なし。解熱剤で36℃台に下がっていたが反応悪く、その日はマッサージ中止。
立位運動時に介助負担も減ってきています。移乗の際に足の向きを変えるのが難しいです。
腹筋、ヒップリフトは背腰部の痛みを訴えるので中止しています。
ベッドで寝る時間が多く、背部の緊張、疼痛があります。
引き続き、疼痛緩和、起居動作の改善を目標に施術を行いたいと考えています。