スタッフブログ

2015年12月16日 水曜日

廃用症候群によりむくみと筋力低下がある方

現在、廃用症候群の緩和、下肢の浮腫緩和、下肢の筋力向上を目標に施術を行っています。
施術内容は全身のマッサージ、四肢のROM、寝返り訓練、ヒップリフト(5回程)、端座位にて体幹前屈運動(10回)、前介助立位(3〜5回)を行っています。
視力はなく、全盲状態です。
両足背部に時折軽度浮腫が出ています。
両膝変形性膝関節症(右が強い)。
両膝伸展制限、右−20°、左−10°程度。
左下肢の内旋傾向あり。
寝返りは軽介助、調子の良いときは見守り。
ヒップリフトは支えて行う。
左足関節と膝関節の運動時にクリック音あり。痛みの訴えは無い。
立位訓練は日により力の入り具合異なる。反応良い日であれば保持は5秒程。
8月11日、前日に一人で立ち上がり頭を打撲。軽度の内出血。
引き続き、廃用症候群の緩和を図り、運動訓練等も増やしていければと考えています。

むくみと筋力低下に対する訪問リハビリマッサージの事なら・・・やわら在宅マッサージgood