スタッフブログ

2015年11月14日 土曜日

麻痺により歩行困難な方

名古屋市瑞穂区にお住まいの男性

7月より施術を開始しました。坐位バランスの向上、上肢の疼痛緩和、体幹・下肢の筋力向上、起居動作の維持・改善を目標に施術を行っています。
施術内容は全身マッサージ、四肢のROM訓練、側臥位にて下肢外転運動(左右5回ずつ)、頭部側屈運動(左右5回)、仰臥位にてヒップリフト・腹筋(各10回)、
下肢伸展自動運動・足関節背屈運動(各10回)、端座位にて坐位バランス訓練、立位訓練(3回)等を行っています。
頚部脊柱管狭窄症、痙性四肢体幹麻痺(右>左)、殿部に褥瘡あり。
右股関節屈曲MMT 0〜1程度、右足関節背屈制限(筋緊張による)
四肢体幹の体表感覚の痺れあり。左小円筋部、両肩甲間部の筋緊張・疼痛有り。
右手指の拘縮あり。
マッサージ開始前と比べて、坐位時に体幹に力が入るようになり、傾きも減っています。
足部の浮腫も現在は消失しています。
7月8日最初の施術の後筋肉痛がでる。その後は落ち着く。
7月20日に最高血圧が80台に低下、少しふらつきあり。
7月末頃より浮腫は軽減している。
8月26日風呂場でしりもちをつく。力が入りにくかったと。痛みはなし。
8月27日頃より風邪気味。体幹や下肢に力が入りにくくなる。
9月4日38°後半の発熱。これまでも時々微熱が出ている。
肩甲間部の疼痛は続いています。バイタルや体調を聞きながら運動等を行っています。
マッサージ等で疼痛・筋緊張の緩和を図り、坐位の安定感は出てきたので、立位訓練等を増やしていきたいと考えています。