スタッフブログ

2015年9月24日 木曜日

脊柱管狭窄症術後の方

名古屋市天白区にお住まいの84歳男性

現在、廃用症候群の緩和、両肩関節の疼痛緩和、下肢の筋力維持・向上を目標に施術しています。
施術内容は全身のマッサージ、四肢のROM訓練、ベッド上にて両下肢伸展抵抗運動(10回)、左下肢等尺性運動(5秒×7回)等を行っています。
左大腿骨骨折の既往歴有り。
左上下肢可動域
左股関節屈曲60°、左肩関節屈曲70°、これ以上曲げると痛みを訴えます。
左下肢伸展 MMT3程度 日差有り。
5月7日よりトイレ移乗時は前介助にて行っていると。
5月20日、ROM 時に両肩関節の痛みあり。
7月6日にトイレ移乗時に左股関節に痛み出る。翌日は痛み無し。
7月に入ってから肩の緊張・疼痛減っています。
両手指の緊張、筋力低下、巧緻性低下傾向。左が顕著ですが右も力が入りにくくなっています。
手指から前腕部にかけてマッサージを行っています。
また便秘が一週間近く続いた時に腹部マッサージを行っています。
引き続き、疼痛緩和を目標に、運動訓練を行い廃用症候群の緩和を図りたいと考えています。