スタッフブログ

2015年9月15日 火曜日

頸椎損傷の方

名古屋市千種区にお住まいの女性

現在、全身の筋緊張緩和による関節拘縮の改善を目標に施術しています。
施術内容は、全身のマッサージ、四肢のROM訓練、四肢の他動運動、頸部の自動運動、表情筋の運動等を行っています。
脳血管障害後(右軽度麻痺)に自宅で歩行中に転倒して頸椎損傷。
肩~肘までは触られている感覚があるようです。
また、肩関節・肘関節の可動域訓練時にも痛みの感覚を訴えられます。
開始当初、下肢の筋緊張が強かったですが、最近は曲げ伸ばし時の抵抗感が減ってきたように感じます。
四肢の自動運動は困難な状態です。
頸部の運動と口の動きを使った表情筋の運動は可能です。
四肢の関節可動域
右側                 左側
肩関節屈曲 45°            45°
   外転 80°            50°
肘関節屈曲 100°           130°
   伸展-80°           -90°
手関節背屈 0°            20°
手指 屈曲制限あり。        手指 屈曲制限あり。
股関節屈曲 100°           100°
   外転 20°            10°
膝関節伸展-10°           -20°
足関節背屈-5°            -10°

今後も全身の筋緊張緩和による関節拘縮の改善を目標に施術していきたいと考えています。