スタッフブログ

2015年7月28日 火曜日

廃用症候群の方

現在、筋力低下・関節拘縮等、廃用症候群の緩和を目標に施術しています。
施術内容は、全身のマッサージ、上下肢のROM訓練、手の把握訓練(左右5回)、肩関節挙上運動5回、下肢の自動運動5回、腰上げ運動5回、寝返り・起き上がり訓練、端座位からの立ち上がり(3回)・立位保持訓練(10秒×3回)等を行っています。
寝返り動作~柵を持って自立。
起き上がり動作~一部介助。
座位保持~柵を持って見守り。
立ち上がり動作~柵を持って一部介助。
立位保持~柵を持って一部介助。
3ヶ月前と比べると起き上がりや立ち上がり動作時に力が入らず、一部介助が必要な状態になりました。
発話減少、元気もなく痩せておられる様子です。
特に痛みを訴えることはありません。
下肢のMMT 左右とも3程度
右肩関節屈曲 90°程度
両股関節屈曲 100°程度
今後も筋力・起居動作の維持・向上を目標に施術を行っていきたいと考えています