スタッフブログ

2015年4月17日 金曜日

廃用症候群の方への訪問リハビリマッサージ

名古屋市天白区にお住まいの認知症の86歳男性

現在、筋力低下・関節拘縮等、廃用症候群の緩和を目標に施術しています。
施術内容は、全身のマッサージ、上下肢のROM訓練、下肢・体幹の運動訓練(下肢の自動運動10回、腰上げ運動10回、寝返り・起き上がり訓練、端座位からの立ち上がり(3回)・立位保持訓練(10秒×3回)等を行っています。
寝返り動作~柵を持って自立。
起き上がり動作~一部介助もしくは調子の良い時は自立。
座位保持~以前訴えていた腰部痛はなく、柵を持って安定的。
立ち上がり動作~柵を持って一部介助もしくは見守り。
立位保持~柵を持って一部介助もしくは見守り。一部介助しながら腿上げ運動可。
柵を持ちながら数メートルの介助歩行可。
3ヶ月前と比べると起居動作能力は向上しています。
ただし、ベッド上での移動能力が向上し、転落のリスクも大きくなりました。
3月に入った頃よりオムツの乱れ、発話の減少、表情がさえない、ボーっとした状態が続いています。(11月~2月半ばくらいまでは空腹を訴えるなど発話も多く、声掛けに対する反応も良好でした。)
現在、右肩の痛みは訴えなくなりました。
右肩関節屈曲 80°程度。
両股関節屈曲 100°程度
今後も筋力の維持・向上、関節拘縮の緩和等を目標に施術を行っていきたいと考えています。

廃用症候群の方への訪問リハビリマッサージの事なら・・・やわら在宅マッサージgood