スタッフブログ

2013年5月 9日 木曜日

手足のしびれ。

こんにちは。代表の菅原です。
今回は手足のしびれを取り上げます。
「手足がしびれる」と訴えられる患者さんはとても多いです。
その原因によりマッサージの有効性が判断できます。

まず、手足のしびれとは、おおまかに言うと「感覚神経が何らかの原因で病んでいる」時に出てくる症状です。

例えば以下のような原因が考えられます。

①脳梗塞などによる中枢神経からくるもの
②糖尿病などによる代謝異常からくるもの
③老化現象により背骨が変形して、手足に神経が出ていく関節のすきまが狭くなり、神経を圧迫するもの(変形性脊椎症)
④骨と骨をつなぐクッションの働きをしている椎間板が突出して神経を圧迫するもの(椎間板ヘルニア)
⑤骨粗鬆症により、もろくなった骨が体重を支えきれずに骨折(圧迫骨折)して神経を圧迫するもの
⑥脊柱管狭窄症によるもの
⑦硬くなった筋肉が神経を圧迫する(ひどい肩こりなど)
⑧長時間の神経圧迫(正座などによる痺れなど)

  などがあります。

主治医に検査・診断頂いて、その原因を確認してください。

なお、リハビリマッサージで有効なしびれは、③、④、⑦です。
③、④の理由は、筋肉をやわらかくすることにより、関節のすきまを拡げ、神経への圧迫を解放させることが期待できるからです。
⑦は一般的に認知されているマッサージの効果ですね。




名古屋市天白区の訪問リハビリマッサージの事なら・・・・・・やわら在宅マッサージgood